ブログ「Puppet Therapy Cafe」

非言語的コミュニケーション

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

人に何かを伝える場合、「言語」にだけに頼るのではなく、

表情、視線、ゼスチャー、声の調子などの「非言語的コミュニケーション」

を意識してみましょう。

例えば、話す内容に自信がない場合でも、笑顔で堂々と話してみると、

共感してもらえたりするものです。

つまり、「何を話すかより、どう話すか。」ということですね。

言葉の選び方

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

同じことを話すのでも、否定的な言葉を使うと、相手の感情は

ネガティブになります。

ですから、できるだけ前向きな言葉選びをしましょう。

そして、ポジティブな場の環境作りに努めましょう。

仕事の場でも家庭でも同じことで、成果の上がり方は大きく違う

という調査結果も出ています。

 

意識して話す

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

アウトプットが苦手という方は、まず、話すことから初めてみましょう。

雑談ではなく、伝える意識を持って話すことを心がけます。

例えば、おいしいラーメンのお店に行ったとします。

その場合、その事実を話すだけでなく、感想を話すようにします。

そして、インパクトのある言葉で話せば、相手に伝わりやすくなります。

ですから、日頃からボキャブラリーを豊かにしておくことも重要です。

アドバイスをもらう

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

アウトプットした結果の反省点を修正するためには、適切なアドバイスを

もらうことが大切です。

自分だけで改善するのには、限界がありますし、視点を広げるためにも、

第三者の意見は貴重なものです。

ですから、日頃から、こうしたアドバイスをもらえる先生やメンターと

呼ばれる存在をつくっておくことが必要です。

疑問の解決

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

アウトプットをすると、「何故 こうなるのか」「何故 うまくいかないのか」

というような疑問が生まれます。

この「何故」を放置しないことが大切です。

疑問の解決が成長につながるので、後回しにしないで速やかに行動することを

心がけましょう。

フィードバックのやり方

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

「フィードバック」というと、まず、できなかった部分を発見して、

克服するということを思いつきますが、良かった点を伸ばすことも

重要です。

特に、学習の初めの頃は、短所ばかり考えてしまうと、悩んでしまい、

先に進めなくなったり、やる気を無くしてしまうこともあります。

ですから、長所を伸ばすという考え方で、興味のある分野の知識を広げる、

あるいは、深めるという視点も忘れないようにしましょう。

学習のサイクル

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

学習のサイクルは、インプット、アウトプット、フィードバックと

なります。

フィードバックは、アウトプットで得られた結果により、見直しや

改善を行うことです。

学生時代でも、テストで間違えた所を見直ししないと、同じ間違いを

してしまうということがありませんでしたか。

それでは成績はアップしません。

つまり、やりっぱなしでは成長しないということです。

 

PDCAサイクル

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

ビジネスの世界で使われている言葉で「PDCAサイクル」という言葉が

あります。

PはPLAN  「計画する」

DはDO  「行動する」

CはCHEK  「確認する」

AはACTION  「改善する」

ということですが、この順番で回すことが重要です。

そして、この様なサイクルは、学習の世界に移行させることが大切です。

インプットとアウトプットの割合

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

インプットとアウトプットの割合は、学生でも社会人でも「7:3 」

になっているとの調査結果がありますが、この割合を逆転させた方が

効果的な学びになるそうです。

インプットの方が受け身で楽なので、つい多くしてしまいがちですが、

意識してアウトプットを増やすようにしましょう。

 

長期記憶にするために

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

脳に入った知識や情報を、長期記憶として残すための行動として、

アウトプットすることが挙げられます。

つまり、話したり、書いたりするという行動を繰り返すことにより

情報を使うことになるので、効果があるということです。

学生時代の勉強でも、一回で覚えられた人はあまりいないでしょう。

しっかり記憶するためにも、アウトプットをどんどんしていきましょう。