ブログ「Puppet Therapy Cafe」

パペットをコミュニケーションの相手にするために その2

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

パペットに人格を持たせるためには、そのパペットの性別や性格を

決めることが必要です。

それによって、声の質や話し方が変化します。

それが第一歩です。

これらを定めないと、パペットに命を与えることができないのですが、

案外忘れがちなポイントです。

パペットをコミュニケーションの相手にするために その1

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

腹話術はパペットをコミュニケーションの相手としていますが、

そのためには、前提として、術者とパペットの人格をしっかり

分けることが必要になります。

見ている方、もしくはクライエントに、その場において、

別人と思ってもらわなくては、腹話術は成立しません。

そのために、様々な工夫やテクニックがあるわけです。

口を動かさないで話すという、一般的に知られているテクニックも

ありますが、その他にも様々なことがあります。

パペットを使用する意味

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

セラピーとしてパペットを使用する場合、クライエントの心の中の

本音を引き出す方法の一つとして、あえて、もう一人の存在である

パペットを用います。

パペットには、攻撃性がなく、安全な存在とみなされ、人間にはない

不思議なイメージがあります。

安心感を持つことのできるコミュニケーションツールとして、

有用であると言えるでしょう。