ブログ「Puppet Therapy Cafe」

練習の道具

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

今日は、腹話術の練習の道具のお話です。

 

腹話術は、口を動かさないことが必要ですから、まず、その練習のために、

手軽な道具を使います。

それは、アイスキャンディーの薄い棒です。

これから、暑くなりますから、皆さんも食べることがありますよね。

そうしたら、その棒を捨てないで使います。

その棒を歯ではさんで、声を出す練習をします。

私も、初めに習った時、この棒を使いました。

お試しあれ!

 

勘違い

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

今日は、腹話術についての、チョッとした勘違いのお話です。

 

腹話術というと、口を閉じているのに、声がでているので、不思議だと思う人がいます。

でも、口を閉じてしまったら、声は、表に出てきません。

あなたも、やってみてください。

つまり、少しは、口の隙間は開いていて、唇が動いていないということなのです。

唇のコントロールが腹話術の肝ですね。

 

腹話術は難しいか?

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

今日からは、腹話術のお話をします。

 

パペットセラピーは、腹話術を使うので、難しい技術だと思うかもしれませんね。

多くの人は、腹話術は、すごく練習しないとできるようにならないと思っているようです。

まず、その難しいという概念を捨てましょう。

そういう意識があると、脳が入口で拒否してしまいますから。

安心してください。

腹話術は、誰でも、コツを教えれば、すぐにできるようになりますから。

 

 

自己との対話

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

今日は、パペットを自分自身のために使うお話です。

 

人間は、生きている限り、色々な選択をしています。

そして、重大な選択や困難な選択の場面では、悩みは深いものになることもあります。

誰かに、相談したりすることもありますが、最終的には、自己との対話をし、決断することになります。

そんな時のパートナーに、パペットを使うことができます。

時には、パペットが勇気付けてくれることもあります。

手から感じる癒し

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

今日は、パペットの感触のお話しをします。

 

パペットには、やわらかな素材のものが多く用いられます。

手で触れたときに、やわらかで、温かな感じがします。

例えば、ペットに触れた時とかでも、そんな感じがします。

最近では、猫カフェとかで、癒されている方も多いようですね。

パペットでも同じように、癒される感じがします。

手の触角というのも、大切な要素ですね。

もう一人の人格を作る効果

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

今日は 、もう一人の人格を作ることについてのお話です。

 

例えば、こんな経験はありませんか。

他の人に、同じことを伝えるのに、Aさんが言うと聞いてくれるのに、私が言うと聞いてくれない。

それは、その人と、自分の間に、何かわだかまりのようなものがあり、拒否する要素が

あるのかもしれません。

そこで、パペットセラピーでは、あえて、もう一人の人格を作って伝え、わかってもらう。

幼児のしつけなどで、お母さんがいくら注意しても言うことをきかないけれど、

パペットを使うと、言うことをきていくれる。

こんな現象があるのです。

もう一人の人格

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

今日は、パペットを使うことの不思議な世界のお話をします。

 

パペットを使うと、その術者は、手の中にもう一人の人格を作ることになります。

これは、パペットを手に入れた瞬間にできます。

自分で動かしているのに、ちゃんと別の人格ができてしまうのです。

初めて、パペットを使った子どもでも、すぐに、口を動かして、会話を始めたりします。

本当に不思議ですよね。

擬人化

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

今日は、擬人化のお話をします。

 

擬人化は、人間ではないものを、人間に見立てることですが、このお陰で、パペットの活用ができます。

人間の脳は、とても便利な力を持ってくれたものです。

普通に考えたら、人形が話す訳はないのに、ちゃんと、人間に見立てて、

会話の世界に入ってくれているのですから。

もし、脳がとてもガンコで理屈っほいものだとしたら、腹話術は存在しませんからね。

コミュニケーションの活用

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

今日は、パペットセラピーの特色の一つのお話をします。

 

パペットセラピーの特色として、コミュニケーションが存在するということがあります。

何かを見て、自分が癒しを感じるというセラピーもありますが、

パペットセラピーは、パペット使って、他者に会話をすること、あるいは、パペットと術者が会話をする

ということになります。

他者というのは、一対一の場合もありますし、一対多の場合もありますから、活用の場は、広がります。

コミュニケーションの力を使った、アプローチができるのは、とても有用なことです。

セラピー色々

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

今日は、セラピーのお話をします。

 

今、セラピーと名のつくものが沢山あります。

例えば、カラーセラピー、アロマセラピー、アートセラピー、アニマルセラピー 等々

色々な手法で、心や体にアプローチしていますね。

現代社会は、沢山のストレスの素がありますから、癒しを求めているということでしょうか。

本当に心が病んでしまわないうちに、セラピーという方法で、ケアをしていければ、

とても良いことでしょう。

「パペットセラピー」は、癒される部分もありますから、是非多くの方に知っていただきたいと思います。