ブログ「Puppet Therapy Cafe」

山本周五郎『鼓くらべ』

東です。「ひがし」と読みます。九州には多い名字なんです。

今日はパペットセラピーにも通ずる素敵な言葉を教えられましたので紹介したいです。

山本周五郎の『鼓くらべ』の中で、ある老人が語った言葉です。

「すべて芸術は人の心をたのしませ、清くし、高めるために役立つべきもので、そのために誰かを負かそうとしたり、人を押退けて自分だけの欲を満足させたりする道具にすべきではない。鼓を打つにも、絵を描くにも、清浄な温かい心がない限りなんの値打もない。」

新理事長になりました東です

理事長になってもうすぐ一年が経とうとしています。やっと慣れてきたところです。1年間色々ありました。ダニエラ・ハダシー氏を迎えての講演会(東京、神奈川、群馬、宮城)、10月の学会大会(東京)、腹話術初心者講座(Zoom)など。その間少しずつ会員が加えられておりうれしい限りです。3月には機関誌が発行されます。これからもよろしくお願いいたします。(東)

時間の手綱

ようこそ 「Puppet Therapy  Cafe」へ

 

現役世代の方の多くは、時間に追われる日々を送っています。

そのような生活を脱出するには、自分のシナリオに基づいて、

日々を送るようにすることです。

自分のシナリオがないと、他人のシナリオに基づくことになり、

それによるスケジューリングがなされ、

結果的に時間に追われることになってしまいます。

あなたの命の時間を有効に使うために、

時間の手綱を手放さないようにしましょう。

 

さて、本ブログを開設以来、筆者の変更は行われませんでしたが、

来月から、変更されることになりました。

変更後もお読みいただければ幸いです。

集中力 その5

ようこそ 「Puppet Therapy  Cafe」へ

 

物事をスムーズに進めるためには、段取りが重要です。

やみくもに仕事を始めてしまうと、途中で行き詰まってしまい、

集中できなくなり、どれも中途半端な出来具合になってしまう

ということが、よくあります。

仕事をきっちりできる人は、「段取り力」のある人です。

時間を効率的に使うためにも、仕事の全貌を理解して、

段取りを決めてから、仕事にとりかかるようにしましょう。

 

集中力 その4

ようこそ 「Puppet Therapy  Cafe」へ

 

人間の集中力は、そう長くは持ちません。

例えば、小学校では、授業の時間を45分に区切っています。

これは、人間の集中力の続く長さを考えているということなので、

私たちの仕事でもその考え方を参考にして、その時間単位で仕事の

計画を立ててみることをお勧めします。

途中で適度な休憩時間をいれることは、作業効率の上でも良いことです。

一時的に脳を休ませることにより、エネルギーチャージをしましょう。

 

集中力 その3

ようこそ 「Puppet Therapy  Cafe」へ

 

ながら作業をするのが習慣になっている場合があります。

その場合、無意識レベルでは、自分にとって楽なことに気持ちは

向いてしまうので、本当にやるべき作業や仕事に集中できなくなり、

ミスが増えてしまうリスクもあります。

ですから、一つの作業や仕事に集中して、短時間で終わらせることが

効率的です。

イヤホンで音楽を聴きながら作業や仕事をするのが

当たり前になっている方も多い近ごろの世の中ですが、

イヤホンを外す勇気を持ちましょう。

集中力 その2

ようこそ 「Puppet Therapy  Cafe」へ

 

集中力を維持するためには、まず、環境から整えていきます。

例えば、スマホの電源を一時だけ切っておくことや

自分の周辺に、集中力を無くすようなものを置かないようにすることや

図書館などの場所を利用して、強制的に集中できる環境を作るように

することなどがあります。

環境を変えることに、少しの手間がかかるかもしれませんが、

それによって生み出される効果は、大きなものになるので、

その手間を面倒だと思わないほうがよいのです。

 

集中力 その1

ようこそ 「Puppet Therapy  Cafe」へ

 

やるべきことを限られた時間で、着実に実行していくためには、

集中力が必須です。

しかし、困ったことに、現代の生活環境には、集中力を妨げる要素が

あふれています。

意識して、環境等を作っていかないと、色々な邪魔者に

すぐに負けてしまいます。

邪魔者は、あなたを巧みに誘惑してきますので、油断は禁物です。

ですから、しつかり対策していきたいものです。

 

あなたの時間を奪うもの その6

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

スマホは現代の生活では、必須の道具となっています。

しかし、スマホを絶えずチェックしてしまい、仕事や勉強に

集中できないという、いわゆる「スマホ依存」の問題が起きる

可能性も出てきています。

ですから、意識的にスマホをさわらない時間を作るなど、

自分の時間をコントロールすることが大切です。

また、余計なアプリをダウンロードしてしまい、そのチェックを

する時間を増やしてしまうというようなことも避けるべきでしょう。

 

あなたの時間を奪うもの その5

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

最近は、SNSを利用している方が多いです。

SNSは、人とつながりたいという基本的欲求を満たすツールとして、

開発されています。

また、「いいね」や「リツイート」などの機能により、承認欲求を

満たすこともできるということになつています。

だからこそ、その世界に染まってしまうと、半ば中毒のような状態に

なってしまいます。

ですから、意識して利用の仕方のコントロールをしないと、そのための

時間を多く費やしてしまうことになります。

会ったこともない不特定多数とのつながりのために、自分の大事な時間を

使ってしまうことに、問題意識を持ちましょう。

 

1 2 3 4 5 6 45