ブログ「Puppet Therapy Cafe」

人気

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

「人気」という言葉は、「人」が「気」になると書きます。

そして、多くの人が気になる存在になると、「人気者」に

なります。

これは、商品の場合でも同じで、多くの人が気になるように

ならなければ、売れません。

他の商品より気を引くものでなければ、買ってもらえません。

ですから、そうなるように色々な仕掛けや手法で工夫を

しているのです。

価格と価値

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

価格と価値の関係を「お得感」という視点で考えてみると、

価格を下げることと価値を上げるということがあります。

価格を下げることは、安直な方法ですが、経営上は望ましい

ことではありません。

特に、同業の競争相手がいる場合は。価格競争で疲弊して

しまいます。

しかし、価値を上げて疲弊することはありません。

ですから、価値を上げる努力していくのが大切な責務です。

理由

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

購買決定のプロセスでは、理由は後になりますが、

理由は、「何故これを買った方が良いのか?」という疑問

に対する答えです。

ですから、その答えを売り手側が説明して、納得をしてもらう

必要があります。

しかも、あまり時間をかけすぎると、決定が揺らいでしまう

こともありますので、スピード感も重要です。

感覚

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

「感覚」というものが、最大の購買動機です。

一般には、なんらなの理由があるから買うのだろうと考えがちですが、

理由というものは、後付けにすぎません。

「衝動買い」という現象がありますが、これは、衝動というものを引き起こす、

要因が仕掛けられていたということです。

ですから、いかに「感覚」に訴えることができるかが、売るための勝負だと

いうことです。

お買い得感

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

購入決定の引き金になる大きな要素として、「お買い得感」があります。

例えば、今だけ、今日だけは、いくらか値引きになるということなら、

購入を迷っている場合でも、購入する方に傾きやすくなります。

また、ほぼ購入を決めている人も、即決します。

少しでも安く手に入れようという心理は、お金持ちでも変わりません。

ですから、この心理を上手に使うことは必要です。

感動

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

「感動」は「感じて」「動く」と書きます。

そして、その前に「感情」が「動く」というプロセスがあります。

人に商品をすすめる場合、その人自身がその商品に「感動」していることが

大前提です。

ただ、マニュアル通りに話しているのでは、何も伝わりません。

あなたは、どれだけ「感動」していますか?

ストーリー・テリング

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

自分のすすめる商品に興味を持ってもらうための手法として、

「ストーリー・テリング」の技を使うのも良いでしょう。

人は、案外、物語が好きです。

ですから、相手が興味を持ちそうな物語を用意しておきましょう。

すると、相手の頭の中に、あなたの話をもっと聞いてみようという

環境ができあがるでしょう。

「聞くモード」を作ることが、まず一番です。

顧客満足度

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

世の中のすべての商品やサービス提供者は、顧客満足度を高めることに

努めなければなりません。

一度提供したものでも、アフターサービスは疎かにできません。

常に商品開発や改良が必要です。

権威や過去の実績にあぐらをかいていたら、あっという間に

他社に追い抜かれてしまいます。

そして、世の中から忘れ去られてしまいます。

想像力

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

商品を相手にすすめる場合は、その相手が商品を使った後の状況を

想像できるように話します。

試すことができないものの場合は、感情が動くように、

想像力をかき立てられるプレゼンテーションが必要です。

頭の中にそのシーンが浮かぶようになれば、一歩前進です。

長所と短所の比較

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

多くの人は、物事の選択をする時は、長所と短所の比較をして、

短所の方のウェイトが高いと思うと、選択をしないということに

なります。

ですから、相手に商品を勧める場合は、その長所が際立っていて、

短所は気にするほどのことではないということを、分かってもらう

必要があります。

1 2 3 4 5 6 34