ブログ「Puppet Therapy Cafe」

雑談

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe 」へ

 

雑談は、コミュニケーションの中で、案外重要なものです。

好感度を上げようとした場合、接触の頻度を増やすことが

効果的です。

しかし、気の利いた話をしようとすると、声がかけられなくなって

しまいます。

ですから、内容より回数ということで、とりあえず雑談をしてみましょう。

 

挨拶

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

挨拶はコミュニケーションの入り口です。

人は、挨拶されると、承認されたと感じます。

会話を円滑に進め、親密度をアップさせるためには、

笑顔で元気よく挨拶することからスタートです。

間違っても、ぶすっとつまらなそうに挨拶をしてはいけません。

それでは、雰囲気が悪くなるだけです。

1秒の目の力

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

目に想いを込めるためには、話しの重要な部分に1秒だけ

相手と目を合わせるという方法をとればよいでしょう。

念を押すようなイメージです。

目を合わせるタイミングを上手にするだけで、結果は

随分変わってきます。

アイコンタクト

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

相手に何か伝えようとする場合、相手の目を見て話すと、感情の機微が

伝わりやすくなります。

これがアイコンタクトの重要性です。

「目は口ほどに物を言う」といいますが、相手の目を直視するのは、

気恥ずかしいという人もいるでしょう。

そんな場合は、相手の眉と眉の間あたりや、鼻のあたりを見るように

すると、アイコンタクトがしやすくなります。

 

非言語的コミュニケーション

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

人に何かを伝える場合、「言語」にだけに頼るのではなく、

表情、視線、ゼスチャー、声の調子などの「非言語的コミュニケーション」

を意識してみましょう。

例えば、話す内容に自信がない場合でも、笑顔で堂々と話してみると、

共感してもらえたりするものです。

つまり、「何を話すかより、どう話すか。」ということですね。

言葉の選び方

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

同じことを話すのでも、否定的な言葉を使うと、相手の感情は

ネガティブになります。

ですから、できるだけ前向きな言葉選びをしましょう。

そして、ポジティブな場の環境作りに努めましょう。

仕事の場でも家庭でも同じことで、成果の上がり方は大きく違う

という調査結果も出ています。

 

意識して話す

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

アウトプットが苦手という方は、まず、話すことから初めてみましょう。

雑談ではなく、伝える意識を持って話すことを心がけます。

例えば、おいしいラーメンのお店に行ったとします。

その場合、その事実を話すだけでなく、感想を話すようにします。

そして、インパクトのある言葉で話せば、相手に伝わりやすくなります。

ですから、日頃からボキャブラリーを豊かにしておくことも重要です。

アドバイスをもらう

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

アウトプットした結果の反省点を修正するためには、適切なアドバイスを

もらうことが大切です。

自分だけで改善するのには、限界がありますし、視点を広げるためにも、

第三者の意見は貴重なものです。

ですから、日頃から、こうしたアドバイスをもらえる先生やメンターと

呼ばれる存在をつくっておくことが必要です。

疑問の解決

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

アウトプットをすると、「何故 こうなるのか」「何故 うまくいかないのか」

というような疑問が生まれます。

この「何故」を放置しないことが大切です。

疑問の解決が成長につながるので、後回しにしないで速やかに行動することを

心がけましょう。

フィードバックのやり方

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

「フィードバック」というと、まず、できなかった部分を発見して、

克服するということを思いつきますが、良かった点を伸ばすことも

重要です。

特に、学習の初めの頃は、短所ばかり考えてしまうと、悩んでしまい、

先に進めなくなったり、やる気を無くしてしまうこともあります。

ですから、長所を伸ばすという考え方で、興味のある分野の知識を広げる、

あるいは、深めるという視点も忘れないようにしましょう。

1 2 3 4 5 6 28