ブログ「Puppet Therapy Cafe」

有益性

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

どうしたら話を聞いてもらえるかについてですが、

相手がもっと知りたいという話題である必要があります。

では、それはどんな話題かというと、

相手にとって「有益性」のある話題です。

初対面の場合でも、その人が興味があれば、

目をしっかり開く、相槌を打つ、身を乗り出すなどの

リアクションがあります。

相手の表情をよく観察して、その人にとって有益な話題であるか

判断しましょう。

話題のミスマッチには、要注意ですね。

 

 

興味付け

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

学んだことを誰かに教えるには、その前のプロセスがあります。

これは、教える対象を見つけるという作業です。

まったく内容を知らない人に対して、話を聞いてもらうためには、

「興味付け」というプロセスが必要なのです。

これは、詳しい話を聞いてみたいと思ってもらうことです。

相手に聞いてみたいと思わせる話術は、必要なテクニックです。

 

学びの定着

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

学ぶことと本当に理解したこととは、違いがあります。

わかったつもりでも、わかっていなかったりすることがあります。

学んだことを本当に、自分に定着させるためには、

他の人に教えることが一番です。

教えるには、それなりの準備をします。

それによって、復習をすることになり、しっかりと脳に定着させる

ことができます。

自分の言葉で、しっかり伝える力をつけていきたいものですね。

知識

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

知識は、何かに活用してこそ、本来の意味と価値が生まれます。

何かの行動に移せない知識は、只の雑学にすぎません。

一種の自己満足です。

雑学大臣にならないように、していきたいですね。

情報発信力

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

以前は、情報の多くは、マスコミなどの機関を通して、世の中に発信されて、

一般の人は、情報を受ける側でしたが、現代は、SNSの発達により、個人でも

情報を発信するようになりました。

あまりに、SNSが多くなりすぎて、中毒のようになったり、どうでもよいものに

振り回されて、それはそれで弊害になったりもしています。

しかし、社会のために役立つ情報というものは、積極的に発信していくことが

求められます。

どんな媒体を使うにしろ、情報を発信する力はつけておきたいものです。

情報のスピード

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

現代の社会は、情報が毎日押し寄せてきます。

特に、インターネットの世界では、ものすごいスピードで情報が

流れています。

それにつれて、人々の関心事も、どんどん移り変わっていきます。

ですから、そうした世の中のスピードに対応するためには、

個人も組織も、柔軟性を持って取り組んでいくことが求められます。

あなたは「柔らか頭」を持っていますか?

時代の声を聴く

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

パペットセラピーでは、相手の心の声を聴くということをします。

それと、同じように、時代の要請に応えるためには、時代の声を聴くことが

大切です。

では、そのためには、どうしたらよいでしょうか。

まず、アンテナを立てることが必要です。

アンテナが立っていれば、情報が入ってきます。

世の中の動きのスピードの中でも、確実に必要な情報をつかむ、

強固なアンテナを立てておきたいものですね。

 

AIの時代

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

最近のAI(人工知能)の発達は、すごいものです。

今後の人類にとっては、大きな影響を及ぼすものになるでしょう。

例えば、仕事の分野では、AIがこなすものが増えて、人間が失業することも

増えるでしょう。

ですから、人間でなくてはできない分野を、人間が行うという、役割分担を

していくことになるでしょう。

そして、パペットセラピーのよう分野は、AIではできない分野ですから、

これからも、時代の声に応えるべく活動していきたいものですね。

 

新元号が発表されて

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

新年度を迎えて、今回から、新しい切り口で、お話しを始めます。

 

4月1日に、新元号が発表されて、世の中は、その話題で盛り上がって

いますね。

新しい時代がやってくるというイメージでとらえられていますが、

当然のことながら、4月30日から5月1日になったから、世の中が変化する

わけではありませんよね。

なんとなく、ムードに流されていると、やっぱり昨日と同じ日々が過ぎて

いくということになるかもしれません。

「令和」の時代を、素晴らしい、新時代にするためには、そうなるための

行動をし続けること以外ないのです。

そして、パペットセラピー学会も、素晴らしい時代を作り上げるために

貢献できる組織にしていきたいですね。

 

 

大会ハイライト その34

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

今回も、前回の続きのお話しです。

 

第11回大会では、元副理事長の飯室会員により、「パペットセラピーが

めざすものとは」と題して、特別講演がありました。

視覚障害、聴覚障害、身体障害の方を対象にした腹話術を行った経験から

「想像するパペット」でもパペットセラピーを追及できるという発想で、

形や色、音の変化、触覚刺激などにより、腹話術のユニバーサルデザインが

実現できるという、新たな世界の興味深いお話しでした。