ブログ「Puppet Therapy Cafe」

記憶のしくみ

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

脳にインプットされた情報は、「海馬」という場所に、2~4週間

一時保存されます。

その期間に何度かその情報を使うと、脳は、それを重要な情報として

「側頭葉」という場所に長期保存します。

このしくみから、きちんと記憶させるためには、重要な情報だと判断される

行動をする必要があるのです。

 

体で覚える

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

アウトプットすることの特徴は、話すこと、書くこと、行動すること

どれも運動機能を使うことです。

これが、インプットとの大きな違いです。

例えば、自転車に乗ることは動きを体で覚えるので、年数が経っても

乗ることができます。

このように、体を動かすことで覚えたことは、長期記憶に残りやすいのです。

これが、「身につく」ということにつながります。

 

わかったつもり

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

世の中には、読書家の方がいます。

ただ、たくさんの本を読んだということに満足しているだけだと、問題です。

例えば、読んだ本の内容を簡潔に他人に説明できるか試してみましょう。

それができなければ、「わかったつもり」になっているだけです。

これは、他の人に話すという行動により、知識として身につきやすくなる

ということです。

 

知識のコレクション

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

インプットすると、脳の中に知識や情報が増えることになりますが、

現実は何も変わりません。

しかし、アウトプットは、話したり、書いたり、行動したりするので、

現実の世界が変化することにつながります。

つまり、知識のコレクションばかりしても意味がないということです。

 

大人の勉強

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

子どもの頃の勉強では、本を読むことや先生の話を聞くことで、かなりのことが

記憶できたり、理解できたということがあったかもしれません。

しかし、大人になると、「読む」とか「聞く」というだけでは、記憶に

残らないということになります。

「読む」とか「聞く」ということは、インプットということになりますが、

大人になってからの勉強は、インプットよりアウトプットの割合を多く

していかなければなりません。

 

プレゼンテーションをすること目的

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

長期間の渡って、プレゼンテーションのコツについて述べてきましたが、

プレゼンテーションは、自分の勧めたいことを紹介して、成約に結びつける

という側面があるのですが、一方では、自分の知識を上手く伝えるということを

通じての、学習の手段となります。

つまり、こうした「アウトプット」は、自分のためであるということです。

そこで、次回からは、この「アウトプット」ということに焦点をあてて、

すすめていきます。

質疑応答のコツ その2

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

質疑応答で自信を持って対応するには、想定問答集を作り、それをもとに

質問の答えの練習をしておきます。

そうすることによって、よけいなことを言わず、簡単明瞭に答えることが

できます。

準備をしておかないと、その場で、焦点が定まらない言い方をしてしまう

可能性があります。

質疑応答の機会は、自分の訴えたい内容を、もう一押しできるチャンス

であると考えましょう。

質疑応答のコツ その1

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

プレゼンテーションが終わると、質疑応答の時間があることが多いのですが、

どのような質問が飛んで来るのだろうと、ドキドキしたりするかもしれません。

時には、嫌な質問をされる場合もありますが、しどろもどろになったり、

ムキになって相手と議論したりせず、落ち着いて対応できるように、

練習をしましょう。

ユーモアのコツ その2

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

ユーモアのセンスを磨くためには、日頃から面白い話やダジャレなどを

書き留めておくとよいでしょう。

また、自分の失敗談、ドジな体験などもネタになります。

自分の権威を売り物にするのではなく、中身が勝負です。

聞き手の満足度を上げなければ、プレゼンテーションの成果は

望めません。

ユーモアのコツ その1

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

日本人は、ジョークやユーモアのセンスがないという人が多いようです。

しかし、プレゼンテーションの聴衆は、固くなっている場合が多いので、

話し手が、ユーモアに富んだ話しができれば、その場の雰囲気がガラッと

変わり、話しを受け入れる空気が生まれます。

話しを聞いてもらう環境づくりのためにも、ユーモアのセンスを磨いて

いきましょう。