ブログ「Puppet Therapy Cafe」

パペットを使用する意味

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

セラピーとしてパペットを使用する場合、クライエントの心の中の

本音を引き出す方法の一つとして、あえて、もう一人の存在である

パペットを用います。

パペットには、攻撃性がなく、安全な存在とみなされ、人間にはない

不思議なイメージがあります。

安心感を持つことのできるコミュニケーションツールとして、

有用であると言えるでしょう。

セラピーとしての腹話術

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

当学会では、セラピーとしての腹話術の研究等を行っていますが、

この場合のコミュニケーションは、術者と人形とクライエントの

三角形で相互のやり取りする構図となります。

演芸の場合では、観客が見ているという構図でしたが、

セラピーの場合は、クライエントがコミュニケーションの相手

として存在しているという、大きな特徴があります。

そして、そのうちの一人が人形であるということに、大きな意味が

あります。

演芸としての腹話術

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

多くの方が知っている、演芸としての腹話術をコミュニケーション

の視点で考えてみます。

この場合の腹話術は、術者が人形と双方向性の会話をして、

それを観客が見ているという構図が基本となり、たまに、

術者が観客に話しかける、又は、人形が観客に話しかけるという

構図になります。

つまり、観客は双方向性の会話の対象者ではなく、あくまでも

見ているという存在であるという特徴があります。

腹話術の要素

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

腹話術は、術者が人形を使って、人形が人格を持っているという

形をつくり、術者と会話を進めます。

つまり、人形が話すということで、擬人化されているということです。

これは、言い換えると、コミュニケーションが人間らしく感じる

大きな要素となっているということになります。

改めて、コミュニケーションの重要性を感じます。

コミュニケーションの機会の減少

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

長引くコロナ禍の影響で、人と人との直接のコミュニケーションの

機会が減ってきています。

会社に出勤せずにリモートワーク、あるいは、学校に登校せずに

リモート授業などが増えてしまいました。

人間は、何年もそうした状況が長く続くと、それに慣れてしまい、

直接の会話がなくても平気になってしまいます。

ある意味、それは危険なことではないでしょうか。

リモートでは伝わらない微妙な感覚が、人間関係においては、

とても重要だと思います。

腹話術とコミュニケーション

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

当学会では、腹話術人形を介在させて、コミュニケーションを

とることの効果について探求していますが、一般的には、

腹話術は、演芸の分野として知られているので、

コミュニケーションという分野で注目されることは、

少ないのが現実です。

そこで、新年度を迎えた今月から話題を変更し、

「腹話術とコミュニケーション」という内容でお届けします。

Webの利用

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

オンラインで集客をし、商品やサービスの購入を促す方法が、

当たり前のように行われています。

しかし、多くの売り手が、Webの利用をしているということは、

埋もれてしまうリスクが当然あります。

そして、その商品等の特性によっては、Webマーケティングに

適していない場合もあります。

直接対面で広めるという地道な方法も効果的であることも、忘れては

なりません。

 

人脈を広げる

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

face to faceで広める商品等では、広める場を増やすために、

人脈を広げていくことも大切です。

その場合、同じ業界だけではなく、他の業界も対象としていきましょう。

人のつながりは、意外な方向に展開することがよくありますので、

初めから門戸を閉じる必要はありません。

人脈の広い人とつながっていると、当初想像しなかったことが

起きることはよくあります。

自分の視野を広げるためにも、有益なものです。

コラボレーション

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

集客は、初めのうちは難しいものです。

一人で一からやろうと思うと、なかなかうまく成果が上がらず、

気分が落ち込んでしまいます。

そのような場合は、既に集客力のある人とつながって、

コラボレーションすることを狙うのも一つの方法です。

その為には、そうした力のある人と仲良くなる努力を

日頃からしていきましょう。

市場を絞る

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

誰でも自分の売りたい商品等を多くの方にお勧めしたいと

思うでしょう。

しかし、売る側のマンパワーは無限ではありませんから、

市場を絞る方が効果的です。

まずは、最も広めていきたい対象は、どのような方々なのかを

決定し、その対象に適したアプローチの方法を検討し、

実行するというプロセスとなります。

最初からあれもこれもと範囲を広げるのは、得策ではありません。