ブログ「Puppet Therapy Cafe」

アイコンタクトのコツ その1

ようこそ 「puppet Therapy Cafe」へ

 

プレゼンテーションを行う場合、眼の使い方はとても大切です。

「眼は口ほどに物を言い」という言葉があるように、

話手の人柄や感情が、眼に表れてしまうものです。

日本人は、相手の眼を見て話すことが苦手な人が多いので、

しっかり練習することが必要となります。

キョロキョロしたり、オドオドしたりしないように、

しっかりと練習しましょう。

話し方のコツ その2

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

話し方のコツとして、次に大切なことは、日常言葉でやさしい

言葉づかいをするということです。

一対多で話す場合ですと、つい改まった言葉づかいになってしまいがち

ですが、一対一で話すのと同じように、自然に話すことを

心がけましょう。

 

話し方のコツ その1

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

本日から、プレゼンテーションで話す場合の技術的なお話を

継続的にしていきます。

 

まず、話し方のコツですが、できるだけ具体的に、実例も含めて

話しをします。

自分の経験したことは、一番話しやすい内容ですから、その時の

情景も入れて話していくと良いでしょう。

そして、感情もそのまま出すようにします。

これは、自己開示となり、聞いている方との距離を縮めることにも

つながります。

 

人前で話すのが苦手な場合

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

プレゼンテーションは、多数の人の前で話すということです。

そうすると、あがってしまって、全然だめになってしまうことがあります。

どうして、そうなるかというと、普段の話し方ではなく、あらたまった

話し方になってしまうからです。

言葉遣いや、口調、声などを変えて話していませんか。

そんな人でも、例えば、一対一で会話している時は、普通に話しているはずです。

ですから、いつも慣れている話し方で、対話するように話してみるとよいでしょう。

プレゼンテーションについて その3

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

プレゼンテーションの上手な人は、話すときに、一種のオーラが出ています。

それは、その目的についての情熱がほとばしり出ているようです。

まず、目力があって、表情も生き生きしています。

間違っても、資料の説明をするだけということはしません。

資料の説明を聞くだけなら、退屈な授業を聞くのと同じです。

聞き手の心を動かすための、話し手としての努力は欠かせません。

プレゼンテーションについて その2

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

プレゼンテーションと授業の違いとして、挙げられるのは、

プレゼンテーションは、聞き手の心を惹きつけることがポイントとなる

ということです。

そして、決められた時間内に、そのゴールに導くことが重要です。

聞き手に何を知ってほしいのか、何を感じてほしいのか、

聞き手がどうなってほしいのか。

これらを明確にして話を進めて、聞き手の心をがっちりつかめば

大成功です。

プレゼンテーションについて その1

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

自分の学んだ知識を多くの人に広める場合、セミナーや講習会を

開催する場合があります。

その場合、その知識の内容を説明するだけでは、聞いている人々に

共感や感動を与えたりすることはできません。

例えば。学校の授業の場合を想像してみましょう。

先生は、生徒に色々説明して、カリキュラムの内容を理解して

もらおうとしますが、聞いている生徒は、共感や感動をするという

ことは、あまりないでしょう。

これは、授業の目的が、理解させることにおかれているのですから、

当然と言えば、当然です。

そして、中には、とても退屈な授業もありました。

では、そうしないためには、どうしたら良いでしょうか。

 

専門用語

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

話をする場合、知識が多い人は、無意識に専門用語を

使ってしまいがちです。

難しい用語を使えば、さも、物知りだと思ってもらえると、

勘違いしているのかもしれません。

しかし、実際は違います。

難しい話を、いかにわかりやすく伝えることができるか。

これが、話を聞いてもらうための技術です。

一言で言うと

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

相手に話を聞いてもらう場合、相手から興味を持ってもらえるように

話すことが必要になります。

そのためのコツとして、自分の伝えたい内容を一言で言うなら

どういうことなのかを考えてみます。

いわゆる、「キャッチー」な言葉です。

これで、相手のから興味をひく反応があれば、まずは、第一関門突破です。

はじめから、くどくどと説明しても、聞く耳をもってはくれません。

有益性

ようこそ 「Puppet Therapy Cafe」へ

 

どうしたら話を聞いてもらえるかについてですが、

相手がもっと知りたいという話題である必要があります。

では、それはどんな話題かというと、

相手にとって「有益性」のある話題です。

初対面の場合でも、その人が興味があれば、

目をしっかり開く、相槌を打つ、身を乗り出すなどの

リアクションがあります。

相手の表情をよく観察して、その人にとって有益な話題であるか

判断しましょう。

話題のミスマッチには、要注意ですね。